37週でおしるしがあったと前回の記事に載せていましたが、その次の日の朝に出産しました。3人目だからか進みが早く、あっという間の出産でした。

前回の記事 37週1日目の早朝からおしるし

陣痛から出産までの経過

21時頃に子供たちと就寝した後、23時頃にお腹の痛みに気づき目が覚めました。でもこの時は、耐えられる程の痛みだったため、前駆陣痛かなと思い2度寝しました。

その後、深夜2時前に痛みで寝られなくなり起床。ようやく「これは陣痛だ!」と思い、洗濯や保育園の準備などを終わらせ病院に連絡。この時は5分間隔で痛みが来ていました。子供たちも寝ていたため、夫に後のことを頼み気合で運転して病院へ向かいました。

自宅から病院まで40〜50分かかるので、痛みに耐えながらの運転は大変でした。安全のためにも、なるべくタクシーや誰かに運転を頼めると良いですね。

3時半に病院に着いた時には、もう子宮口は7cm開いていました。少し横になり進むのを待っていると、間隔が10分や7分と長くなっていました。ですが、5時頃からベッドに座っていると、みるみるうちに2分感覚に。6時に分娩台へ。

あまりギリギリまで耐えていたので、助産師さんは大慌てで出産準備に取り掛かっていました。そして7時前に無事、三男が産まれました。37週2日の出産でしたが、体重は2,9キロあり健康体で安心しました。

そして3人の子と暮らす現在

産後1ヶ月を過ぎましたが、長男、次男も三男と暮らす生活に馴染んできて、とても賑やかな毎日です。妊娠出産はとてつもなく体力を使いますし、産後も昼夜問わず泣く子と、まだやんちゃなお兄ちゃんたちの世話に明け暮れています。しかし大変な反面、それぞれ日々成長が見られ、とても充実していますよ。

スポンサーリンク