4月から長男が小学一年生になり、入学式の予定が、しばらく延期になりまして、約2ヶ月くらいおうち時間を過ごしました。いよいよ小学生!と本人のモチベーションも上げていた矢先にそんな感じだったので、なんだかかわいそうでした。

宿題なども定期的に出されてはいたものの、ほとんど誰にも会わず過ごす2ヶ月間。退屈しのぎに我が家では話題のあつ森をやって過ごしました。

小学生の姪も休校中だったので、息子とLINE通話しながらあつ森のオンラインプレイ。すごい時代ですね…。おうち時間を謳歌していました。

息子はあつ森では、ムシ、サカナ図鑑をほぼ埋めて、ローンを返し終えていました。母が一番やりたかったはずのゲームだったのに、占領されてほとんど出来ず、久々にとび森を進めました。(近々私用にSwitch購入予定です)

発達障害気味の長男。オンラインなら離れているからトラブル少なく済むかな?と思って居ましたが、結構色々と見えて来ました。

相手もまだ負けず嫌いの小学生なので、何かと争って毎日喧嘩になりました。先に良い魚取ったとか、花を散らしたとか…穏やかな無人島ライフではありませんでしたね。

途中、ゲーム以外のものに興味が移ると、通話中もそっちのけで自分の世界に入り、呼ばれても聞こえず… その間は私が姪とゲームしてました。

それから、一方的に「○○釣った!」などの話はしつこくするのに、相手があまり喋ると怒り出す。でも通話はしたいようです。

一応発達障害に理解のある相手なので、ある程度はうまく見過ごしてくれていましたが、急に入る息子の怒りスイッチで何度も怒らせたり泣かせたりしてしまいました。

2ヵ月ほどオンラインで交流し、何かある度にルール決めをして話し、少しづつカッとなって言ってしまう暴言などをコントロール出来る事が増えた様な気がします。まだまだ怒ることはありますが。

そして6月から始まった小学校生活。国語への苦手意識が強いようで、毎日モチベーションを上げるのに苦労しています。でも、さすがに長い休みに嫌気が差したのか、あまり行きたくなさそうだった小学校での時間は、結構楽しんでる様です。

結局学校が始まっても、宿題が終わってからという約束で、オンライン交流は続いています。病院では、ゲーム自体があまり良く思われないので複雑な心境ですが、いとことオンラインでも兄弟の様に笑ったり怒ったり出来るって素敵なって思って、見守っています。

スポンサーリンク